築地なら場内市場のおすしが一番

今回の横浜お遊び出張では少し足を伸ばして東京に出没したりしてます。

横浜、川崎、東京の観光名所

で、朝の7時前から築地に繰り出し場内市場へ

地下鉄日比谷線の築地駅から出て左手に築地本願寺を眺めながら進み

築地4丁目の交差点から寿司三昧の看板を目指すと

ここから築地の場外市場。

ここを抜けて行くと

この道路が場内との境い目になります。

少し行って左に侵入して行き

頻繁に行き交う荷車に気を付けながら、前方左方のごちゃごちゃした界隈に入っていくと

場内市場で

超有名な大和寿司さん

に辿り着きます。

 

このオッさんは僕では無いので悪しからず。。

こんな朝早くから長い長い列を作って、皆んなヒマだなぁと思いつつ自分も列に。。

店内は2つに仕切られていて席も板前さんも多いためか意外に回転が早く、この大行列でも30分で入店出来ました。

因みにこの大和寿司さんと並んで場内市場で有名なのが近くの寿司大さん

こちらは回転悪いのかいつも苛烈な大行列なので行った事ありません。

数時間待ちという話も聞きます。

さて、大和寿司さんのお寿司🍣

お任せで頼むと一人前でこのぐらい!


握ってもらいながら食べていくので写真は小分けになってますが、ネタ8個と巻き6個にシジミのお味噌汁がついて3780円。

高いと言えば高いですが、トロやウニを始めかなり高級なネタばかりなので都内の他の店で食べたらもっと値段が張りそうに思います。

因みに場外にも沢山お寿司屋さんがあって僕も食べた事はありますけど、食べた瞬間の感動と食べた後の満足感は場内(大和寿司さん)とは雲泥の差でした。

ホント、全く違うので確かめて欲しいものです!

マグロは今の時期が一番旨いんだよ!と板さん。

話変わって、、というか

築地と言えば豊洲移転問題があって、古いですが去年末の記事によると、

「東京都は20日、築地市場の業界団体との協議会を開き、豊洲市場への移転時期を2018年10月11日に決定した。都と業界は11月上旬の協議会で18年10月中旬とすることは合意していたが、業界内の一部の反発で具体的な日取りの調整が難航していた。移転日が決まったことで、都政最大の懸案の市場移転が大きく前進する。20日中に小池百合子知事が正式発表する。移転日の決定を受け、都と業界は引っ越しや店舗の工事など移転の実務作業に入る。

ガス工場跡地の豊洲市場は土壌汚染が懸念されており、都は18年7月末までに追加対策工事を完了させる。豊洲移転後に築地市場は解体し、20年の東京五輪・パラリンピックに向けた輸送拠点(デポ)や、都心部と臨海部を結ぶ環状2号地上部の建設工事に入る。」

という事で、何の為に大騒ぎしたのかわからないまま今年の10月11日から移転するみたいですね。

そろそろ移転の準備に入った店舗もあり、ポツポツ空きが出来てたりします。

東京出張の度にお世話になってきたこの築地場内市場ですが、全て移動して跡は環状2号線に変わるそうです。

まぁ移転なり延期による予算の無駄使いはともかく、老朽化や都市計画の名目で世界ブランドにまでなった築地市場をこう簡単に潰してしまうのは勿体ない気がしますがね。

イタリアが何にせよ壊さず使い続けて世界遺産登録世界一になった文化との違いを感じます。

あ、大和寿司さんは10月6日迄こちらで営業するという事です。

引き続き豊洲に移って営業するそうなので、とりあえず安心してます。次回はそちらで。。

築地場外市場の炙りウニ定食はお勧めです

お土産には珍しい殻付きアーモンド。

これは築地市場でしか手に入らない絶品です。